Microsoft malware protection command line utilityとは何か

Microsoft malware protection command line utilityとは、
Windows10に搭載されているWindows Defenderの機能の1つ。

Microsoft Security EssentialsやMicrosoft System Center Endpoint Protectionも使用しているそうです。

本体は「MsMpEng.exe」というプログラム。

PCのアイドル中に勝手に更新ファイルをダウンロードし始めたので、
慌ててFirewallで外部アクセスを禁止し、回線を圧迫するのを防ぎました。
Microsoft malware protection command line utilityの回線圧迫
ちなみに「Netlimiter4」というシェアウェアを使っています。

このような勝手なダウンロードを停止する設定方法は無いようです。

またMicrosoft malware protection command line utility自体を停止させる方法は無いようです。
検索するとサービスから停止できるという情報もあるけど、
それらは古い情報で、昔は停止できたんでしょう。
今サービスを見てもプログラム名が出てきません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください