喘息はアレルギーでは無く遺伝子疾患かもしれません

イギリスのサザンプトン大学の研究で、「ADAM33」と呼ばれる遺伝情報が喘息の根本原因だとわかったらしいです。
Soluble ADAM33 initiates airway remodeling to promote susceptibility for allergic asthma in early life
喘息はアレルギーではなかった!原因となる遺伝子が特定され完治の可能性が
ADAM33は、体が傷ついた際に細胞分裂を促す酵素を分泌させる働きがある物質で、
普通の人と違って喘息患者の場合、何も傷ついてないのに気管支の粘膜が分裂し、
粘膜が肥大して気道が狭くなっている、とのこと。
遺伝子操作で喘息にさせたマウスを使って、このADAM33が機能しなくなる遺伝子操作を行うと、
マウスの気管支の粘膜は肥大化しなくなったそうです。
つまり原因物質は何でも良いんでしょうね。
でもADAM33を機能停止させた場合、通常の怪我の治りが遅くなるなどの弊害がありそう。

コメントは受け付けていません。