ボウリングのピンを最も倒しにくい配置が判明

全米プロボウラーズ協会の44万7千フレームの過去記録を調べ、
最も倒すのが難しいピンの配置を分析したところ、
それは「ギリシア教会」と呼ばれる配置だったそうです。

What’s the Hardest Shot in Bowling?

その配置は「4-6-7-9-10」のピンが残っている状態。
プロボウラーの記録でも倒せたのは0.3%しか無かったとのこと。

ボウリングのピンを最も倒しにくい配置が判明

このギリシア教会の配置でピンを倒している動画があります。

この動画にしても、倒れたピンが背後で回転し、
ピンの先端が残った4ピンに触れて、
かろうじて倒しているだけです。

たぶん、右側の3本のピンにボールが当って、
そのうちの9ピンが真横に弾かれるので、
4ピンか7ピンのどちらかにしか当たらないのでしょうね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください