セミは1ヶ月くらいは生きる個体もいる

セミの寿命は1週間という俗説を確かめた高校生が、実はセミは1ヶ月は生きられると突き止めました。
その調査手法はセミを捕まえてマーカーを塗り、野山に放して再び捕獲するというもの。
調査は2016年7月~9月にかけて実施。
アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミなど計863匹を捕獲してマーカーを塗り、15匹を再捕獲し、更に4匹を再々捕獲したそうです。

アブラゼミ、ツクツクボウシ、クマゼミは10日以上の生存を確認。
と言うことは、他の種は生存を確認できなかったんですね。
最長はアブラゼミが32日、ツクツクボウシが26日、クマゼミが15日だったとのこと。

しかしこれは、中には長生きのセミもいるってだけじゃ?
圧倒的大多数のセミを再捕獲できなかったのは、やはり短命だからじゃないかなと思いますねえ。

セミ成虫の寿命1週間は俗説! 笠岡高植松さんが生物系三学会最優秀賞

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください