Reduce memory メモリーを掃除するアプリ

Reduce memoryはメモリーの内部の不要なファイルを自動的に掃除するWindowsアプリ。

Reduce Memory v1.3


リンク先でReduceMemory.zipをダウンロード。

インストール不要で、zipを解凍したら、32bit版ならReduceMemory.exeを実行、
64bit版ならReduceMemory_x64.exeを実行します。

実行すると自動的にメモリーの掃除が始まり、使用していたメモリー領域が減ります。
以降、設定している時間間隔で掃除が繰り返し実行されます。
「Optimize」をクリックすると、そのタイミングで掃除できます。

Option設定で以下の項目を変更できます。

Automatically start at windows startupにチェックを入れると、PC起動時にReduceMemoryも起動します。

Hide window on startupにチェックを入れると、ReduceMemoryの起動時に自動的にタスクトレイに収納されます。

Minimize to the system trayにチェックを入れると、右上の×ボタンをクリックするとアプリが終了せずに、タスクトレイに入るようになります。

Show “Reduce Memory” Always on topにチェックを入れると、ReduceMemoryが常に最前面に表示されます。

Optimize memory every ~ secondsは、自動的に掃除する時間間隔を指定します。
初期設定は15秒です。

Apply Optionで変更した項目が確定します。

コメントは受け付けていません。