ファイザーのmRNAワクチンは化粧品の経皮感作の可能性がある

ファイザーのmRNAワクチンでアナフィラキシーショックを起こした人がいますが、
それらは全て女性だったことから、化粧品の経皮感作の可能性があるようです。
このmRNAワクチンは脂質ナノ分子に包まれています。
更に水溶性維持の為にポリエチレングリコールが使われているそうです。
ポリエチレングリコールは化粧品にも使われています。
ポリエチレングリコールによるアナフィラキシーショックは、海外でも日本でも報告があるとのこと。
モデルナのワクチンも90%が女性だったそうです。
アレルギーは通常、アレルゲンを継続的に摂取することで発症します。
以上から、化粧品のポリエチレングリコールに晒され続けることで、アレルギーが発症したと考えられます。
ワクチンでアナフィラキシーショックが起きた人が、化粧品を使っても同じアレルギー反応が起きるなら、ポリエチレングリコールが原因でしょう。
ただし、そこまでの検証はされてないようです。
新型コロナウイルスワクチン接種にともなう
重度の過敏症(アナフィラキシー等)の管理・診断・治療

コメントは受け付けていません。