niceの意味変化は正反対

英語のniceは意味変化が今では正反対になっています。
語源となったのはラテン語のnesciusです。
知るという意味の「scius」に否定を意味する「ne」が付いているので「知らない」という意味になります。
これが古フランス語になると、今のniceという語形になってます。
意味は「馬鹿者、不注意」。
これが英語化すると意味が変わり「繊細」とか「好みにうるさい」という意味になったそうです。
そこから現代では「素敵」という意味になってます。
ただし主に使っているのはイギリス人です。
アメリカでは余り使わないとのこと。

コメントは受け付けていません。