アトピー性皮膚炎の原因物質と治療薬

 
短縮URL(ショートリンク)
医学健康

佐賀大学の研究でアトピー性皮膚炎の原因物質を特定したそうです。
その物質とはタンパク質のペリオスチン。
ペリオスチン阻害薬CP4715を
アトピー性皮膚炎のマウスに投与すると
症状が改善したとのこと。
ペリオスチン阻害薬CP4715は明治製菓が特許を持ってるようです。

アトピー性皮膚炎、かゆみの原因など解明 佐賀大など研究グループ 新薬開発へ

新規抗血栓剤 CP4715及びEF6265に関する米国メディシノバ社とのライセンス契約締結のお知らせ

タイトルとURLをコピーしました