どちらかが彼女を殺した

妹を殺された警察官が、
現場を証拠隠滅して自殺のように見せかける。
それは独自に犯人を突き止めて、
私刑を与える為だった。
刑事には嘘をついて自殺のように見せかけつつ、
自分は真相を突き止めようとする。
そんな主人公を疑う刑事。
最後まで読んでも犯人ははっきり書いてませんが、
ちゃんと推理できる情報は揃っています。

このことで発表当時は批判がたくさん起こり、
文庫版に解説がつくことになったそうです。
ただ、文庫版は逆に真犯人のヒントとなる言葉が削除され、
推理の難易度が上がってます。

コメントは受け付けていません。