ボタン電池は廃棄すると火災を起こす

ボタン電池はそのまま捨てると火災の原因になります。
ボタン電池が使えなくなっても、ある程度は電気が残っています。
なので、ボタン電池同士が接触して通電し、発熱して火災が起きます。

大阪府吹田市山田北のホームセンター「コーナン千里山田店」で、
店で使っていた盗難防止用タグのボタン電池を剥き出しでゴミに捨てていたところ、
火災が起きて店舗が全焼しています。

ボタン電池を廃棄するときは、両面にテープを貼って電極が導電物質に接触しないようにします。
正確には普通の電池も電極にテープを貼る方が望ましいです。
ボタン電池は電極の距離が短いので、容易にショートします。

ボタン電池の接触でホームセンターが全焼した事故を受け、改めてボタン電池の取り扱いについて注意喚起したい

コメントは受け付けていません。