タスキーギ梅毒実験とは何か

タスキーギ梅毒実験とは、アメリカで黒人貧困層に行った人体実験のこと。
実験は1932年から72年まで40年間秘密裏に実施されています。
アメリカのアラバマ州のタスキーギ大学が行ったので、タスキーギ梅毒実験と呼ばれています。

この実験は梅毒を治療せず放置するとどうなるかを見るのが目的でした。
被害者は600人。
うち399人は元から梅毒で、201人は梅毒ではなかったそうです。
被害者に「悪い血」の治療実験をすると嘘を付いて、梅毒の病原体を接種。
悪い血とは当時の黒人社会で信じられてた、病気の原因とのこと。

被害者は簡単な病気なら無料で治療され、
身体検査の日は食糧も提供され、
死亡時には葬儀費用などが無償提供、
更に剖検(病死した遺体を解剖すること)を遺族が認めると、年金もプラスされています。

6ヶ月後には梅毒の治療をするはずが、その資金提供は打ち切られ、
梅毒の治療がなされないまま40年も経過観察が続きます。
当時としては砒素療法やサルバルサン投与(砒素を主とする梅毒治療薬)が一般的でした。
1947年にペニシリンが有効とわかっても、放置されています。
1969年時点で、約100人が梅毒で死にました。
1972年にピーター・バクストンという内部告発者がマスコミにリークし、人体実験は終わりました。
1997年にはクリントン大統領が公式に謝罪しています。

コメントは受け付けていません。