イギリスで中国から勝手に種が届く事件が続発

今イギリスでは、頼んでもいない植物の種が中国から勝手に送られる事件が続発しているそうです。
既に数百人が受け取っているんだとか。
受け取った人は、過去にAmazonやeBayで種を注文した事がある人のようです。
ただし、この注文時の発送はイギリス国内からだったそうです。
と言うことは、イギリスの業者のふりをして個人情報を集めてた訳です。
またはイギリスの業者が中国人に顧客名簿を売ったのかもしれませんが。

これらの種は「耳飾り」という名目で届き、中身は種だったとのこと。
これは通関チェックを回避するのが狙いのようです。
てことは、通関で詮索されたくなかった訳ですね。
イギリスでは国外から植物や種を輸入するには、
それらの安全性を保証する証明書が必要とのこと。

イギリス政府は購入履歴やパッケージを当局に送り、種は廃棄するよう勧めています。
ウイルスやら病原菌やらが付着している可能性があるからです。
バイオテロなんじゃ?
この記事のインタビューに答えた人は不審に思い、
種を二重に包んでゴミに捨てたそうです。

Hundreds of British gardeners ‘receive unsolicited deliveries of garden seeds sent from China marked as ear studs’

アメリカでも同様の事件が起きています。
既に27州で、中国から種子が勝手に届いたという報告があるそうです。
それらのパッケージには、イヤホンや玩具という表記があったとのこと。
オハイオ州警察は、ブラッシング詐欺だと指摘しています。
ブラッシング詐欺とは、オンラインショップの評価を上げる為に安い商品を勝手に送付し、
受取人に成り済ましてショップの評価を上げる工作のこと。
アメリカもイギリスと同様に、種子は捨ててパッケージは当局に送るよう勧めています。

27 States Issue Warnings About Seed Packets From China

もし日本にも送られて来た場合は「植物防疫法違反で返送したい」と郵便局に行けば受取拒否で処理できるとのこと。

植物防疫法

海外から注文していない植物が郵送された場合は、植物防疫所にご相談ください

日本にも送られてきているというツイートがバズってました。

中国から謎の種が送りつけられる事例が多発している模様「説明も送り主もなし」「絶対に植えちゃ駄目」

こういうパッケージで送られてくるそうです。
イギリスで中国から勝手に種が届く事件が続発

コメントは受け付けていません。