wp-config.phpのパーミッション

wp-config.phpの最適なパーミッションは以下の通りです。
wp-config.php → 404または444
実行権限や書き込み権限をつけるのはダメなので「4」。
と言うか実行権限を付けても無意味です。
400の場合、ファイル所有者のみ読み込み可能という意味なので、WordPressからは読み込めなくなります。
(通常、wp-config.phpはインストール時にApache=サーバー側が自動作成します。WordPressはサーバーにwp-config.phpというファイルを作ってくれと要求するだけです)
よって、404か444が適切ですが、グールプからのアクセスを許可する意義は何もないので404でいいはずです。
サーバーの管理画面でファイル所有者を自分にした場合、400でも問題ありません。

コメントは受け付けていません。