WassUp Realtime Analytics が動かないとき

アクセス解析プラグインとして有名なWassUpは、WordPressとのバージョンの相性やらサーバーとの相性やらで動かなくなることがあります。

再び正常動作させるには、まずWassUpの管理画面を開いて下部の「Reset to Default」をクリックします。
これで全ての設定が初期値に戻るので、設定を変えて使っている場合は事前に設定をメモしておきます。

次にプラグイン一覧を開いてWassUpを「停止」させ「有効化」します。

プラグインの一覧画面が更新されてページの上部に
「Database created/upgraded successfully」と表示されれば成功。

これで正常動作になります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください