Firefoxのキャッシュ保存場所を移動する

Firefoxのキャッシュ保存場所を移動するには、configモードを利用します。
まずキャッシュを保存したい新しいフォルダを任意に作ります。
・FirefoxのURL欄に「about:config」と入力
・検索欄に「browser.cache.disk.parent_directory」と入力
もし何も表示されなかったら、右クリック→「新規作成」→「文字列」→「新しい文字列の設定名」に「browser.cache.disk.parent_directory」と入力しOKを押し、「文字列を入力してください」という欄に「保存したい場所」と入力してOKを押します。
保存したい場所は例えば、DドライブのCacheフォルダなら「D:\Cache」と入力します。
もし設定名が表示されたら、「値の変更」を選んで同様に「保存したい場所」を入力します。
Firefoxには物理メモリにキャッシュを保存する機能が備わっています。
この機能を有効にするには、上記と同様にコンフィグモードを起動します。
・検索欄に「browser.cache.disk.enable」と入力します。
この値が「true」だったら「切り替え」を選んで「false」にします。
・次に検索欄に「browser.cache.memory.enable」と入力します。
もし何も表示されなかったら、右クリック→「新規作成」→「真偽値」→「新しい真偽値の設定名」に「browser.cache.memory.enable」と入力してOKを押し、「真偽値を入力してください」という項目は「true」を選びます。
次に「browser.cache.memory.capacity」に任意のサイズを入力。項目が無いなら同様に「新規作成」→「整数値」で作成します。値を「-1」とするとFirefoxが自動的に最適なサイズにします。
ちなみに項目を削除したいときは、その項目を右クリックして「リセット」を選び、Firefoxを再起動すると消えています。

コメントは受け付けていません。