Avidemuxビットレートを落として再エンコードする方法

無料の動画編集ツール「Avidemux」で、
ビットレートを落として動画を再エンコードする方法は、
まず左の「Video Output」から目的のエンコーダを選択します。

それから「構成」を選択し、設定ウィンドウを開きます。

エンコーダ毎に設定が異なりますし、
多数のエンコーダをいちいち説明するのは手間なので、
ここでは最も普及している「Mpeg4 AVC(x264)」を例に取ります。

「x264 Configuration」にて、「General」タブの「Rate Control」の
「Encoding Mode」からエンコードするモードを選択。
「Single Pass」よりも「Two Pass」の方が画質が綺麗です。

「Video Size(Two Pass)」だと「Target Video Size」に任意の数値を入れる事で、
自動的に目標サイズに収まるようなビットレートになります。
ただしこのモードは曖昧なので、目標サイズよりも大きくなる事が多々あります。
avidemux-x264-filesize-settings
「Avegage Bitrate(Two Pass)」だと、「Target Bitrate」に任意の数値を入れると、
そのビットレートで再エンコードされます。
avidemux-x264-bitrate-settings
あとはOutput Formatなど他の設定をして、保存するだけで再エンコードが始まります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください