物理メモリHDD化アプリ Softperfect

物理メモリをHDD化し、インターネット一時ファイルなどを物理メモリに保存することでOSが高速化します。

物理メモリのHDD化にはいくつものアプリケーションがありますが、
私は評価の高い「Softperfect RAM Disk for Windows XP, Vista, 7 and 8」を使いました。

リンク先からアプリケーションをダウンロードします。

ちなみにIO-DATAから有償の「RamPhantomEX」も候補だったんですが、「Softperfect」は個人利用に限り無料なので、こちらを選択。

SoftperfectのRAM DISKにはシャットダウン時にデータを消すタイプと、データをHDDに保存するタイプを選択できます。
物理メモリHDD化アプリ Softperfect

  1. 左上の「+」ボタンを押します
  2. 「容量」「ドライブ名」「ファイルシステム」をそれぞれ任意に入力します。
  3. 容量は物理メモリの空き容量の範囲にします。
  4. ドライブ名はどれでも良いです。
  5. ファイルシステムはアロケーションユニットサイズが小さいNTFSが良いでしょう。
  6. あとは「OK」を押すとシャットダウン時にデータが消えるタイプのRAMディスクを作成できます

データをHDDに保存するタイプを作るには、

  1. イメージファイル名のアイコンをクリック
  2. ディスクイメージの作成を開いて「イメージファイル名」「イメージタイプ」「容量」「ファイルシステム」「ボリュームラベル」を入力
  3. イメージファイル名は右のフォルダアイコンをクリックし、イメージを保存する任意の場所を選んでイメージの名前を任意に入力します
  4. イメージタプはボリューム、容量やファイルシステムは上記と同様、ボリュームラベルは任意の名前を入力します
  5. 「RAMディスクの内容をイメージに保存する」をチェックをしてから「OK」するだけです。

このRAMディスクにブラウザの一時ファイルを保存することで、
ブラウジング速度が体感レベルで早くなります。

コメントは受け付けていません。