デバイスを使用中のため、停止できませんというエラーの対応方法

HDDやUSBメモリなどの外部記憶装置を外そうとして「ハードウェアの安全な取り外し」を行うと、
デバイスを使用中のため、停止できません」というエラーが出た時の対応方法です。

デバイスの取り外し中にエラーが発生したとき

「スタート」→「コンピュータ」を右クリックして「管理」をクリック。
「ディスクの管理」をクリックすると、その時点で接続されている全ての記憶装置が表示されます。

その中から外したい記憶装置の名前を右クリックして「オフライン」をクリック。
デバイスを使用中のため、停止できませんというエラーの対応方法

処理に時間がかかりますが、その記憶装置がオフラインとなったのを確認したら、
再び「ハードウェアの安全な取り外し」を行う事で、今度はちゃんと外せるようになります。

またはPortierというアプリを使い、取り外しのショートカットを作ります。
ただし、デバイス名称が抽象的なので知識が無いなら非推奨です。

Portier デバイスを取り外すアプリ

ZIPファイルをダウンロードして解凍し、porconfig.exeを起動します。
非インストール形式なので、そのまま使えます。
ユーザーアカウント制御警告が出ますが「はい」をクリック。
「USB機器の安全な取り外し」をクリックします。
再度「USB機器の安全な取り外し」をクリックします。
「次へ」をクリックしてUSB機器のリストを表示します。
リストからショートカットを作りたい機器を選択します。
「動作オプション」を選択しますが、そのままでOK。
ショートカットを保存する場所を決めます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください