kanekaの育休炎上まとめ

kanekaという化学メーカーが社員に転勤を命じた件でSNSの告発があり、炎上。
その経緯は以下のような成り行きだったようです。

  • 社員が育休を取るよう命じられ、指示通りに育休を取った(育休を取る社員がいるという実績作り)。
  • 新居購入直後(10日後)に職場復帰したら、転勤を命じられた。
  • 転勤日を1~2ヶ月伸ばして欲しいとの交渉も言下に拒否。
  • 退職を決意し、有休消化を申請すると却下され、退職日を指定された(有休消化の拒否は法令違反)。
  • SNSで告発があると、自社HPのライフワークバランスを語るページを削除。
  • しかもそれは、休日削除だった(休日に働かされた社員がいる)。
  • 自社のHPのトップページをアクセス過多で表示できないように偽装(配下の階層は直接アクセス可能になっていた)。

当の社員はとっくに退職済みとのこと。

当初は、SNSで告発した妻を「ヒステリックな妻」呼ばわりで印象操作するコメントもあったようです。
このアカウントがSNSでの告発に合わせて2019年6月に取得した、明らかな捨てアカ。
最初のツイートが「ヒステリックな妻」呼ばわりするコメントなので、十中九分九厘関係者・内部の者のコメントでしょうね。
もちろん、愉快犯の可能性もあります。
https://web.archive.org/web/20190603140317/https:/twitter.com/kkhr1986
https://archive.is/https://twitter.com:443/kkhr1986
https://megalodon.jp/2019-0603-2306-10/https://twitter.com:443/kkhr1986

妻は初めは会社名は伏せてたんですが、退職後に「カガクでネガイをカナエル会社」と公表。
これでkanekaだと噂になりました。
そして、会社HPからライフワークバランスのページが削除され、これが「答え合わせ」となったようです。

クビにしたい社員に育休を取らせつつ、転勤を強要して辞職させる。
当の社員が既にいなくても育休の実績に応じて補助金が支払われるので、転勤を拒否しても会社に損はないんですね。

ちなみに、kanekaは20年前に転勤拒否した社員へのパワハラで自殺事件が起きてます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください