ダグラス・アダムスの法則とは何か

ダグラス・アダムスの法則とは、人がテクノロジーをどう思う傾向があるかを3つの年代に分けて当てはめる法則のこと。
それは以下の法則になってます。

  • 人は生まれながらに存在する技術を自然・普通だと思う。
  • 人は15歳~35歳までに発明された技術を確信的だと思う。また、その技術に関する経歴を得られる。
  • 人は35歳以降に生まれた技術を自然の摂理に反すると思う。

ちなみに、ダグラス・アダムスとは「銀河ヒッチハイク・ガイド」で有名なSF作家。

この法則は未発表の草稿をまとめた「The Salmon of Doubt」に収録されています。

1. Anything that is in the world when you’re born is normal and ordinary and is just a natural part of the way the world works.

2. Anything that’s invented between when you’re fifteen and thirty-five is new and exciting and revolutionary and you can probably get a career in it.

3. Anything invented after you’re thirty-five is against the natural order of things.

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください