イチローの引退会見まとめ

イチローが3月21日の試合を最後に引退を表明。
引退会見でのイチローの発言をまとめました。

印象に残っているシーンは今日のこと。200安打やオールスターのMVPは小さな事。
ファンなくしては自分のエネルギーは生まれない。
引退を決めたのはマリナーズ以外に行く気がなかったから。
元から契約は21日の試合までだった。
現役50歳は叶わず、有言不実行になってしまった。しかし、それを言わなかったらここまで来れなかった。
日本の球場の歓声を聞いたら、引退を後悔してるとは言えない。
野球人生で貫いたのは野球を愛していた事。
(子供達へのメッセージを聞かれ)熱中できる物を見つけて突き詰めろ。
去年から試合に出られなくなってからの期間は僕の誇り。
94年に番付を上げられてからは自分の力以上の事を求められて、野球を純粋に楽しめなくなった。
本当は結果を残して終わりたかった。
NPB(日本プロ野球)に戻る気持ちはなかった。
これからどうするかはわからないけど、明日はトレーニングはする。
人より頑張ることはできない。今の自分より頑張れるだけ。
遠回りすることでしか本当の自分に出会えない。
人望がないので監督は無理。
子供達の指導には興味がある。
ヤンキース移籍以降は毎日クビにならないか不安だった。
アメリカのファンは最初は厳しかったけど結果を残したら掌を返した。
シアトルのファンは仲間に入れて貰えた気がするがニューヨークのファンは厳しかった。
セーフコ(シアトルマリナーズのホーム球場)で最後のユニフォーム姿を見せられなかったのは申し訳ない。
妻が試合前に握ったおにぎりは2800個で、3000個握りたかったと言ってた。
年老いた一弓(愛犬)が頑張っている姿を見たら自分も頑張らないといけないと思った。
仰木監督なら美味しいご飯とお酒を飲ませればMLB移籍を認めてくれると思った。
現役時代に何かを我慢したことはない。僕は我慢できない性格なので。
菊池が号泣してたのは笑った。話した内容は言えない。それを言ったら信用されない。
左投げピッチャーは変な奴が多いけど菊池雄星はいい子。
大谷翔平は早く怪我を治して世界一の選手にならないといけない。
野球は頭が良くないとできないスポーツだが、MLBはそうではなくなってきている。日本は変わらないので本来の野球を守って欲しい。
出来るかどうかではなく、やりたいかで挑戦すればいい。
プロ野球人生で得た物は「こんなものか」という感じ。
神戸は特別な街。税金を払えるように頑張る。
日本の野球で鍛えられる事もあるから、MLBの制度だけ言うのはフェアじゃない。
小学生の自分にドラフト1位でも1億円貰えなかったと言ってやりたい。
昔抱えていた孤独感はない。
アメリカで「外国人」になったことで、人の心を考えたり、それまでの自分になかったことが芽生えた。
キャンプで変なTシャツ着てた理由は野暮なのでいわない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください