民泊はヤクザのシノギになっている

いま、ヤクザのシノギとして民泊が利用されているそうです。

「民泊ヤクザ」が暗躍? 新法施行の裏で問われる、観光地としての日本のポテンシャル

例えば、最初は普通に民泊をやって評判を高め、
ターゲットとなる上客と契約したら
宿泊客が来る前から備品を壊しておき、
その弁償をAirbrbや宿泊客に要求するんだとか。

損害賠償はあくまでもAirbrbのクレーム機能を通じて行うので、
脅迫には当たらないという法の抜け道を使ってます。

宿泊客が払えない分はAirbrbが肩代わりする規約なので、
Airbrbはこういう請求にも払ってしまうそうです。

ヤクザのシノギとしての民泊は、相場よりも異様に安いそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください