マスコミの実名報道から特権意識が透けて見える

最近のセクハラ記者の訴えで、マスコミ側は記者のプライバシーを盾に実名を伏せてました。
しかし、とある記者が会見の場で実名を言ってしまい、しかも会見を開いた立憲民主党はその模様をそのままウェブで公開。
その動画で件の記者の実名が広まりました。

その事の是非は措きますが、マスコミ連中は今まで事件報道で散々被害者の実名を報じてます。

最近の例でも座間市の自殺志願者9人連続殺人の場合も
遺族が実名は辞めて欲しいと訴えてたのに勝手に実名報道。
その理由は「知る権利」。

それなのにマスコミの身内だと、被害者への配慮を主張。

殺人事件の被害者よりも身内が重要って事ですよね。
マスコミが実はいかに特権意識を持ってるかがわかります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください