キャンセルカルチャーとは何か

キャンセルカルチャーとは、有名人の言動をその当時の状況などを一切考慮せずに切り取って、糾弾する行為のこと。
キャンセルカルチャーの普及は、SNSの普及で広まったそうです。
なので、SNSが広まる2010年代に生まれたと言えます。

10年前のブラックジョークを取り上げられて、映画の監督を降ろされた人もいます。
ジェームズ・ガン監督、10年前の差別ツイートが問題視されて新作映画をクビに→おフェミさん「10年前のツイートを蒸し返す右翼はクズ!」「ポリコレは他人を叩く為の手段じゃない!」

糾弾対象は当然、歴史上の有名人にも及びます。
今欧米で行われているBLMデモで、様々な銅像が撤去されています。
その理由は、それらの有名人が奴隷制度を支持していたからです。
イギリス、アメリカで黒人差別を象徴する銅像が倒された。南北戦争で奴隷制度存続を掲げた南軍のリー将軍の銅像も

コメントは受け付けていません。