IS05でテザリングする方法

IS05というシャープ製スマートフォンを未だに使ってますが、
テザリングをするにはEasyTetherというアプリを使います。

EasyTether

最新版(1.1.18)はAndroid 4.0.3以上必須になってしまいました。
よってAndroid 2.4のIS05ではもう動きません。
1.1.17まではIS05でも動作します。

GooglePlayでは旧バージョンをDLできません。

Amazonにはまだ1.1.16が売ってるようです。

Amazon EasyTether

root権限不要です。

Android 1.5以上なら動作します
よってAndroid 2.4であるIS05は動作対象。

スマホとPC、どちらにも必要なものがあります。

PC(Windwos)用のプログラムから、
「Windows 10/8.1/8/7/Vista/XP (core package): universal 32/64-bit」をダウンロードします。

Sharp製USBドライバ
USBで接続してテザリングするのでUSBドライバも必要。
よって、USBデバッギングを有効化する必要があります。
「設定」→「アプリケーション」→「開発」にあります。

ADB USBドライバも必要です。
先に上記USBドライバをインストールする必要があります。
またUSBデバッグモードを有効化してからインストールする必要があります。
上記のcore packageにADB USBドライバが含まれているので、
これが動作しているようならシャープ製のドライバは不要です。

スマホ用のプログラムからapkをスマホにダウンロード。
またはGoogle Playで直接Easy Tetherをインストール(こちらがオススメ)。
「Mobile Stream」という販売者のものが正規のアプリ。

パソコンでインターネット接続できない場合は、
IS05経由でパソコン用プログラムをダウンロードし、
パソコンにコピーする必要があります。

パソコン用プログラムをパソコンで直接ダウンロードできるならこの手順は不要です。

上記パソコン用プログラム(EasyTether)をインストールします。

インストール後にタスクバーにEasyTetherのアイコンが表示されるはずです。

IS05側はUSB充電モードかUSBストレージモードにしておきます。

無料版「Lite」はHTTPS通信に対応してないので、HTTPSを必要とするデータ通信は不可。
HTTPS通信は有料版のみの機能です。

EasyTetherの設定項目説明

以下はスマホ側のEasyTetherの「USB settings」→「USB setup wizard」の指示の説明です。

まず「Windows setup」を選択。

「Download to phone and copy」は既にPC側にアプリをインストールしてるなら不要な手順なので「Next」を選択。

「Keep your device unplugged」という指示が出たら、
USBケーブルが外れていることを確認して「NEXT」を選択します。

「Install the EasyTether system software on your comuter ~」という表示は
EasyTetherをパソコンにインストールする指示。
上記の手順でインストール済みなので「NEXT」を選択します。

次に「~ standard USB debugging option in settings > Application > Development ~」という指示は、
スマートフォン側でUSBデバッグモードにせよという意味です。
また「ADB interface ~」という指示はADBインターフェイスが必要という説明ですが、
上記シャープ製のUSBドライバに含まれているはずです。

続いて「Most phones offer choice of USB modes ~」という指示は、
USBの動作モードが間違っているとUSBデバッグモードが働かないという説明です。
IS05の場合はUSB充電かUSBストレージモードに変える必要があります。

最後の説明はパソコンのEasyTetherのタスクバーアイコンを右クリックし、
接続したスマートフォンを選択するとテザリングが有効になるという意味。

スマートフォンをUSBでパソコンとつないだら、
EasyTetherを右クリックして出るサブメニューから「USB Android」を選ぶことでテザリングが始まります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください