iPhoneに勝手に予定が追加される被害が増えてる

今、iPhoneのカレンダー機能に勝手に予定が追加される被害が増えているようです。
その予定にはリンクがあり、タップすると詐欺サイトが開きます。
「ウイルスに感染しています」という偽の警告を出して、リンクを開かせているとのこと。
そしてIDやパスワードをうっかり入力してしまい、悪用されます。
クレジットカード情報を入力してしまった被害者もいるそうです。

これら偽の予定は、iPhoneで何らかのサイトを開いて
カレンダーの共有機能を有効にしてしまうのが原因で発生します。
または共有機能承認を要求するスパムメッセージで承認してしまうのが原因とこと。

対処法は、不審な承認要求に反応せずに無視すること。
スパムメッセージの場合は「削除してスパム報告」をします。
既に共有を承認しているなら、設定→カレンダー→アカウント→照会したカレンダーを開きます。
その中の不審なアカウントを削除し、共有を解除します。

iPhoneに突然表示される不審なカレンダー通知に注意!

コメントは受け付けていません。