iPhoneでWiFiがバグるSSIDがあった

短縮URL(ショートリンク)
スマホセキュリティスマートフォン

Carl Schouというセキュリティ研究者が、iPhoneでWiFiがバグるSSIDを発見。
それは「%p%s%s%s%s%n」というSSIDでした。
SSIDをこの文字列にしているWiFiに接続しようとすると、WiFiが無効になります。
更にiPadやAirdropとの接続も不可になります。
この「%文字」の組合わせは、
プログラミング言語では、
変数を文字列に置き換える意味があります。
そのせいでメモリへの書き込みとオーバーフローが起きるとのこと。
メモリが使えなくなり、WiFiも使えなくなります。
通常は、このような誤動作を起こす文字はサニタイズ(無効化)されます。
iPhoneはサニタイズしてなかったわけです。
バグを戻すには、設定→一般→リセット→ネットワーク設定のリセットを開いて、
全てのWiFiネットワークをリセットします。

A specific network name can completely disable Wi-Fi on your iPhone

タイトルとURLをコピーしました