Clubhouseのユーザーデータを解析しているのか

音声SNSとして話題となったClubhouseは、
その音声を保存しないと謳っていますが、
スタンフォード大学の調査で、中国企業Agoraにユーザーデータが送られていたと判明。

そもそもClubhouseはUIのみを作ったアプリで、
プログラム本体はAgoraのAPIを使っているそうです。
スタンフォード大学がWiresharkという解析アプリで調べると
ユーザーIDやルームIDなどメタデータが何の暗号化もされず、
そのまま送信されていたようです。

本来は中国国内で爆発的に人気になったアプリ。
中国当局がウイグル関係やら香港関係で取り締まり、
中国マーケットでは使用禁止となっています。
そこで話されている音声を解析しないとわからないことでしょ。
音声も解析しようと思えばできるわけです。
そこで音声保存や解析をやっているのではと疑うのは妥当です。

Clubhouseのデータは中国企業Agora社に送られている。スタンフォード大が警告

コメントは受け付けていません。