AppleはiOSの性能を意図的に落としていた

AppleはiOSのバージョンアップとして意図的に性能を落としていたようです。

iPhone Performance and Battery Age

Appleが古いiPhoneの性能を落としていることがベンチマーク統計から明らかに、その狙いは何なのか?

リンク先のグラフでわかりますが、発売後にベンチマークをやって性能を定点観測していたようです。
検証に使ったのはiPhone6SとiPhone7。

その結果、発売直後は性能のピークがベンチマークの2500あたりだったのに、
時間が経つとそれよりも下の方に小さいピークが出始めたとのこと。

これは従来からバッテリーを保たす為にわざと性能を落としていると噂されていたようです。

そして、この推測をApple自身が認めてます。

Yes, Apple sometimes slows down old iPhones to prevent unexpected shutdowns

「iPhoneは早ければ1年後に性能が落ち始める」のをAppleが正式に認める

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください