偽造クレジットカード組織が日本を狙っている

 
短縮URL(ショートリンク)
クレジットカードショッピング

今、日本のクレジットカードが海外の犯罪組織に狙われているそうです。

「日本が標的」偽造カード密輸事件、全国で相次ぐ 背後に国際的な犯罪組織?

狙われている理由は、日本のカードは磁気方式が主流なので偽造しやすいから。
クレジットカードにはICカード方式もあり、ICカード方式は偽造しにくいとのこと。

欧州の殆どの国ではICカードが導入されています。
アメリカでもオバマ大統領が大統領令でICカードを義務づけ、急速に普及中。
2018年には95%がICカード読み取り機を導入する見込みらしいです。

一方、日本では75%がICカード搭載カード。
しかしお店側が読み取り機を17%しか導入しておらず
実質的には磁気カードが主流のままのようです。
世界的に見て、日本のクレジットカード不正対策はかなり遅れている!アメリカもかつて、日本と同じカードセキュリティ後進国でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました