Amazonはスタートアップ企業から情報を盗んでいた

Amazonがスタートアップ投資を考えていたDefinedCrowd Corpという企業への投資を中止し、
同じAI製品を新商品として発表したと告発しています。

DefinedCrowd CorpのCEOのDaniela Braga氏によると、
Amazonは4年程前にこの企業への投資を持ちかけてきたそうです。
なので事業内容を説明したとのこと。
Amazonはこの企業の機密情報にもアクセスしています。
そして4年経って同じクラウドAI製品を発表したそうです。
Braga氏はすぐにAmazonの自社のデータへのアクセスを制限し、
資金を調達して自社株式の90%を希釈化したとのこと。
Amazonは他にも投資を持ちかけては中止し、
似たような競合製品を後日発表する事を繰り返しているようです。

Amazon Met With Startups About Investing, Then Launched Competing Products

コメントは受け付けていません。