アマゾンの通信規格「Sidewalk」とは何か

AmazonがSidewalkという新しい通信規格を開発して一般公開してます。
Amazonとしては規格を無料で使わせたいらしいです。
その理由は、IoT市場を拡大したいから。

Amazonの考えでは、WiFiは通信距離が短く、5Gでは電力を消費しすぎるとのこと。

WiFiは遮蔽物が無い場合は、100mくらいは電波が飛びます。
それもIoTの普及には足りないようです。
Sidewalkは900MHzの電波を使い、500mは飛ぶそうです。
見通しがよい場合は1.6kmは飛ぶとのこと。
実際、700個の端末でロサンゼルス全土をカバーできたそうです。

5Gは電力消費が激しく、数ヶ月~数年ではバッテリーが保ちません。
Sidewalkなら年単位でバッテリーが保つとのこと。

屋内外のあらゆる物を低帯域長距離無線で結ぶAmazon Sidewalkプロトコル

アマゾンの謎の通信規格「Sidewalk」が秘めた新戦略 ── これは「異例中の異例」だ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください