宇宙科学

宇宙科学

人工衛星はちゃんと燃え尽きるか実験

欧州宇宙機関が行った、 人工衛星が大気圏突入でちゃんと燃え尽きるかを確かめるため、 プラズマ風洞内で模型を燃やして実験した動画。
宇宙科学

緑色の星が無いのはなぜか

緑色の星が無いのはなぜかを解説する動画。 要は、緑色がピークになる星は
宇宙科学

トワイライト現象とは何か

SpaceX社が宇宙に打ち上げたファルコン9というロケットが起こしたトワイライト現象の動画がバズってました。 トワイライト現象とは、
宇宙科学

NASAが開発したパワーグローブ

ゼネラルモーターズとNASAが共同で開発したパワーグローブのデモンストレーション動画。 宇宙服は分厚いので何かをつかむ動作がし辛いそうです。 そこで、機械的な力で指や掌の曲げ伸ばしをアシストする外骨格技術で動くパワーグローブを開発し...
宇宙科学

C2019Q4という第2のオウムアムアが飛来

軌道を逆算すると、太陽系外からやって来たと思わしき彗星「C2019Q4」が、時速15万キロ(約41km/s)で太陽に向かって移動しているのがわかったそうです。 現在の位置は
3Dプリンタ

NASAが公募して50万ドル獲得した火星の住宅

NASAが公募して優勝者に50万ドルの賞金を授与した、火星の住宅「MARSHA」を作るデモンストレーション動画。 3Dプリンターの応用っぽいです。 建設用の機械はパーツごとに運んで、現地で組み立てるようです。
宇宙科学

人類よりも高度な知的生命体は穏健な性格

人類よりも高度な知的生命体は穏健な性格の可能性が高いです。 なぜなら、知的生命体は自らを
宇宙科学

人工衛星の部品をプラズマで蒸発させる

ドイツ航空宇宙センターが人工衛星の最も硬い部品をプラズマで蒸発させる動画。 部品は磁気トルカという部分で、
宇宙科学

降水量と太陽活動には高い相関がある

ドイツのザールランド大学の研究で、ドイツ国内の降水量と太陽活動には高い相関があると判明。 この理論は本来、ドイツの農学科学者が偶然発見したそうです。
宇宙科学

太陽の11年周期は惑星直列が影響していた

ドレスデン・ロッセンドルフ研究所(HZDR)によると、太陽が11年周期で活動が変化しているのは、惑星直列が影響してたと判明。 惑星直列も11.07年周期で発生しています。 統計的には過去1000年ほどの
宇宙科学

木星の小惑星が内惑星に落ちない正確な理由

木星の重力が内惑星に小惑星が落ちるのを防いでいるのは有名な説ですが、その様子がわかる動画。 外惑星の小惑星帯から小惑星が内惑星に落ちないのは、 小惑星が木星に落ちているからではないとわかります。 正確には木星の
宇宙科学

空気で膨らむロボット

アメリカのユタ州のブリガム・ヤング大学がNASAから補助金を受けて開発している「膨らむロボット」のデモンストレーション動画。 空気を抜けばコンパクトに収納できるんで、宇宙探査に利用したいようです。 てことは、大気が存在する惑星が前提...
宇宙科学

コスモス482が2019年に地球へ落下予定

コスモス482とは1972年3月31日にソ連のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた金星探査機。 ただし、打ち上げ直後にパーキング軌道でロケットに不具合が発生。
宇宙科学

紀元前660年に史上最大規模な太陽嵐が起きていた

スウェーデンのルンド大学がグリーンランドの氷床の分析で、 紀元前660年に史上最大規模な太陽嵐が起きていたと判明。 氷床から採取した氷に含まれる
宇宙科学

NASAが50年前の月の埃を解析開始

NASAが50年前に持ち帰った月の埃を解析する事にしたそうです。 今まで分析せずに封をして保管してたとのこと。 当時の技術では適切に解析できないから、ずっと保管してたようです。
宇宙科学

アポロ14号が持ち帰った月の岩石は地球由来だった

アポロ14号が持ち帰った月の岩石は地球由来の岩石と判明。 そう主張する研究者曰く、地球の岩石が月に存在する理由は
宇宙科学

土星の輪は1000万年前に生まれた説

土星探査機カッシーニが土星とその輪の重力を精密に測定した結果、 土星の輪は1000万年前に誕生していた可能性が出てきたようです。
宇宙科学

A/2017 U1(オウムアムア)は観測史上初の太陽系外天体だった

A/2017 U1という太陽系外天体(星間物体)が10月19日にハワイの観測所で確認されました。
宇宙科学

土星の輪から大量の雨が降り注いでた

2017年9月15日に土星に突入して廃棄された探査機カッシーニのデータから、土星の輪から雨が降り注いでいるとわかったそうです。
宇宙科学

宇宙はあと1400億年は安泰

すばる望遠鏡で1000万の銀河を調査。 その結果、1400億年は宇宙は安泰と判明したそうです。
宇宙科学

火星大接近解説動画

2年2ヶ月ごとに起きる地球と火星の最接近。 その内の最も距離が近くなる接近を「大接近」と呼びます。 2018年7月31日に起きる大接近の距離は5800万キロ。 前回の2016年5月31日の接近は7500万キロでした。 大接近の様...
宇宙科学

火星の南極の地下1.5kmに湖を発見

火星の南極の地下1.5kmに湖があるとわかったようです。 根拠は「マーズ・エクスプレス」が2012~2015年に行った超音波測定。 イタリア宇宙機関の研究チームがデータ解析を行って判明したとのこと。
動画

天王星の自転軸が傾いたのは惑星と衝突したから

天王星の自転軸が公転面に対して97.9度も傾いているのは 地球の2倍の質量の惑星と衝突したからというシミュレーション動画。 英・ダラム大学がコンピュータシミュレーションで自転軸が傾く条件を発見したようです。
宇宙科学

宇宙船内から細菌が見つかる理由が判明

NASAの施設や宇宙船内は細菌を殺してクリーンルームになっているはずですが それでもアシネトバクターと呼ばれる真正細菌が見つかっています。 クリーンにする理由は、宇宙探査で現地を地球由来の生物が汚染しないようにする為。 米カリ...
宇宙科学

太陽表面にはプラズマの雨が降っていた

太陽表面にはプラズマの雨が降っていたそうです。 しかも雨と言うよりも霧に近いとのこと。
宇宙科学

EMドライブは地磁気を推進力と誤解していただけ

EMドライブとは電磁気を反射させて推進力を得られる装置のこと。
宇宙科学

月のチリはDNAすら傷つける鋭利な物質

月のチリは吸い込むと人体を損傷する危険な物質と判明。 Assessing Toxicity and Nuclear and Mitochondrial DNA Damage Caused by Exposure of Mammalia...
動画

光の遅さを疑似体験できる動画

光の視点で光の速度で地球に向かって進むという想定のシミュレーション動画。 たった1000万km先の地球に到達するまでに、およそ1分かかってます。
宇宙科学

ハヤブサ2の機体状況がわかる公式サイト

ハヤブサ2の機体の状態がわかる公式サイトを調べてみた。 小惑星探査機「ハヤブサ2」のリアルタイム状況がわかる公式サイト パス消費電力太陽光パネルが機体の電力を生んでるようですが、ハヤブサ2の機体の総合的な消費電力 航法カメラ略...
宇宙科学

アルマハータシッタ隕石は惑星の破片である可能性が高い

アルマハータシッタ隕石は惑星の破片だった可能性が高いそうです。 根拠は内部からダイアモンドが見つかった事。 【惑星科学】消滅した原始惑星の残骸だったダイヤモンド アルマハータシッタ隕石とは、2008年にスーダンのヌビア砂漠に落...
宇宙科学

ゴリラ効果が異星人発見プロジェクトを脅かす

現代の天文学ではゴリラ効果が問題視されているそうです。 ゴリラ効果のせいで異星人が存在する証拠を見落としている可能性があると。
宇宙科学

小惑星ベンヌを地球衝突軌道から反らすのに必要なもの

NASAが地球衝突の可能性がある小惑星ベンヌの軌道を反らす試算を公開。 小惑星はじき飛ばせる?衝突阻止に核爆弾も NASAが試算 小惑星ベンヌは2135年に地球に衝突する可能性があるそうで 平均直径560メートル、重さ8000...
宇宙科学

全ての円盤銀河は10億年周期で回転していた

イギリスの王立天文学会の発表によると、 円盤銀河は大きさや質量の大小を問わず10億年周期で回転していたとわかったそうです。 All disk galaxies rotate once every billion years | As...
宇宙科学

宇宙飛行士は長期宇宙滞在で遺伝子が変化する

国際宇宙ステーションに1年滞在した宇宙飛行士の遺伝子を調べると 遺伝子情報の7%が正常に回復していないと判明。 宇宙滞在で遺伝子が変化、一卵性双生児と一致せず NASA 双子の1人が宇宙に滞在し、地上に帰ってから遺伝子を検査。...
動画

宇宙船の二重外壁の耐久力テスト

詳細不明ですが、宇宙船の新しい外壁の耐久力テスト動画だそうです。 新しい外壁は二重になっていて、 秒速7kmで飛んでくる物体が外側を貫く際に、細かい破片となって拡散。 内部の二重壁が破片から内部を破壊しないように守ってます。
動画

天の川銀河とアンドロメダ銀河との衝突シミュレーション

天の川銀河とアンドロメダ銀河との衝突シミュレーション動画。 この2つの銀河は50億年後には衝突すると予測されています。 衝突の際にまず2つの銀河はお互いにすれ違うようです。 そして再び接近し、正面衝突。 その際にほとんどの星がい...
動画

Starmanとは何か

StarmanとはSpaceXという宇宙船を開発する民間企業が2月6日に打ち上げた人形のこと。 StarmanはTesla Roadsterという自動車に乗せられた状態で、 自動車ごとロケットで宇宙に打ち上げられてます。 自動車に...
宇宙科学

地球は年間1.5cmずつ太陽から遠ざかっている

太陽は核融合でエネルギーを放出し、 その分の質量を失っています。 質量を失うと重力も失われます。 重力が失われることで、 惑星を引きつける力が弱まります。 それで惑星は少しずつ太陽から遠ざかっています。 今まで惑...
宇宙科学

2002 AJ129 が時速10.7万キロで地球に最接近

2002 AJ129とは2002年に見つかった「潜在的に危険」な地球近傍天体(小惑星)のこと。
宇宙科学

NASAの月重力を疑似的に再現するテスト映像

NASAが1963年に行った月の重力を疑似的に再現する映像です。 月の重力は地球の1/6で、体を斜めにしてワイヤーで保持すると、疑似的に1/6の重力を再現できるそうです。 動画の初めは単独で斜めにした壁に立ってジャンプする様子。...
宇宙科学

地球は再びミニ氷河期になる

地球がミニ氷河期になるのは、太陽活動の低下が原因。 2015年にイギリスの王立天文学総会にて「15年以内にミニ氷河期になる」との予測が発表されています。 太陽活動が低下している根拠は「黒点の数が著しく減少している事」。 また「...
宇宙科学

地球の前を月が横切る動画

NASAの人工衛星「ディープ・スペース・クライメイト・オブザーバトリー(DSCOVR)」が撮影した、地球の前を月が横切る動画です。 正直言って、雑コラにしか見えないw
宇宙科学

地球には第2の月があった

第2の月とは地球の周りを回る衛星のこと。 その正体は「小惑星2016 HO3」。 2016年に発見された小惑星で、 ただし本当は衛星ではなく、太陽を回る小惑星に過ぎません。 2016HO3の公転軌道を描いた解説動画があります。 ...
宇宙科学

30億光年離れた矮小銀河から来た電波は宇宙人の信号か

地球から30億光年離れた矮小銀河から、 150回の高速電波バーストを受信したそうです。 これが宇宙人の信号である可能性もあるようです。 30億光年の彼方から届く「宇宙人の信号」 科学者らが研究中 ・繰り返し高速電波バーストを...
宇宙科学

超小型衛星が3ヶ月かけて地球大気圏に再突入に成功

全長34センチの小型衛星「EGG」を宇宙ステーションから大気圏に投入。 今年1月から4ヶ月かけ、5月に大気圏内で燃え尽きたそうです。 原理は「Zガンダム」装置 超小型衛星、再突入実験成功 EGGを開発したのは、 東京大学...
宇宙科学

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた木星のオーロラ

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた木星の北極上空のオーロラの映像です。 まるで木星探査機が木星近傍から撮影したかのようにクリアに見えるんですねえ。 木星のオーロラは地球とは異なり、 衛星イオの火山の噴火由来の物質が、 木星の地場に反応しているそ...
宇宙科学

気球で大気圏外から地球を撮影

気球に乗せたスマートフォンで、大気圏外から地球を撮影した動画です。 2013年にアメリカのアリゾナ砂漠で気球を飛ばしたものの、 GPSの故障で位置を特定できなくなり、やむを得ずそのまま放置したそうです。 その後、2015年になってアリゾ...
宇宙科学

様々な天体が地球に迫ると地上からどう見えるか

アンドロメダ銀河や、かに星雲などの様々な天体が地球に近づくと、 地上からはどう見えるかをシミュレートした合成動画です。 ほか、ヘラクレス座M13、超新星爆発、子持ち銀河、プレアデス星団、 最後にブラックホールが地球近傍にあるとどう見えるか...
宇宙科学

地球は第二世代の惑星だったという新説

カリフォルニア大学サンタクルズ校の天文学教授によると、 初期太陽系にて木星は今よりずっと内側にあり、 初期に形成された惑星をどんどん破壊していたようです。 木星は「壊し屋」だった、太陽系形成過程に新説 根拠は、天の川銀河の恒星系を観測す...
宇宙科学

探査機はやぶさ地球帰還で燃え尽きた時の映像

2010年6月13日に地球に帰還した探査機はやぶさが、大気圏で燃え尽きた時の映像をNASAが空撮していたそうです。 探査機本体はバラバラになって燃え尽き、その右下の小さな赤い光点がサンプルを回収した耐熱カプセルです。
タイトルとURLをコピーしました