Crown Shynessとは何か

Crown Shynessとは、一部の木がお互いに葉っぱが重ならないように枝を伸ばす現象の事。
Crown Shynessとは何か
更にお互いの葉っぱの間に隙間を空けて、日光が地面まで届き、下草が生えるようになってます。

Crown Shyness Google画像検索

Crown Shynessが形成される仮説はいくつかあります。

1つは葉っぱ同士、または枝同士が風で揺れてぶつかる事で損傷し、葉や枝が育たなくなるという説。
もう1つは赤外線を感知している説で、隣の葉が出している赤外線を感知すると、その方向に葉が伸びるのを止めてしまうそうです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください