中国でAI裁判官が登場

中国の・海南省の裁判所では「AI裁判官」が判決書を作成しているそうです。
これにより裁判官の以下の文書作成時間が削減されたとのこと。

量刑規範化事案の処理は50%減。
裁判記録作成時間は70%減。
法律文書の作成時間は約90%減。

海南省高級人民法院は、ビッグデータ処理、自然言語処理、グラフ構造の知識データ、ディープラーニング処理の10項目について特許を取得済みだそうです。

海南省では裁判官の人数制限が打ち出されて以降、人手不足だったとのこと。
なので、AIをいち早く採用したようです。

中国・海南省の裁判所に「AI裁判官」登場 裁判官不足解消に一役

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください