焼却炉から3700万円分の金銀が取れた

 
短縮URL(ショートリンク)
科学

神奈川県相模原市南区の市南清掃工場の焼却炉から、3700万円分の金銀が見つかったそうです。
これは神鋼環境ソリューションが開発した、一般ゴミに含まれる微量な金銀を回収する技術によるもの。
焼却炉の底に溜まった金銀を回収する方法を2018年から検討していたとのこと。
31キロの金銀の時価総額は1億円ほど。
そこから経費や特許使用料を引いて3700万円が市の利益なったようです。
他にもパラジウム、白金、レアアースも回収できないか研究するとのこと。

焼却炉から金銀31キロ、3700万円に 新技術に相模原市長ご満悦

タイトルとURLをコピーしました