高知能ほど脳神経回路はシンプル

知能が高いほど脳神経回路はシンプルになっているという研究がNatureに掲載されてます。

Diffusion markers of dendritic density and arborization in gray matter predict differences in intelligence

研究方法は18~40歳の138人の男性にBOMATという推論テストを行って知能を測定。
更に検証目的で489名の参加者を追加。
被験者の脳をスキャンすると、低IQ者は大脳皮質のグルコース代謝量が多いと判明。

これらのデータから、低IQ者の脳の微細構造として、脳神経回路が複雑化しており、
情報処理に余計なニューロンの発火があるので、代謝量が多いのだろうと推測。

逆に高IQ者では脳神経回路がシンプルなので代謝量が少ないのだろう、とのこと。
脳神経回路がシンプルなので電気的信号伝達もスムースなんでしょうね。
いわゆる「頭の回転が速い」という比喩は正しかった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください