電球を観察するだけで盗聴が可能

イスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学とワイツマン科学研究所の研究チームが、
電球を観察するだけで盗聴可能な技術を開発したそうです。
この「Lamphone」と名付けられた盗聴方法は、電球の表面が音声で微細に揺れるのを観察するだけ。
ノートPCと望遠鏡と電子光学センサーがあれば作成可能とのこと。
実験では25メートル離れた室内の会話を盗聴できたそうです。
ただし、実験で使われた音源は通常の会話よりも大きな音量だったとのこと。
しかし実験で使われたのは安価な装置で、もっと高額な精度の高い装置なら、小さな会話でも盗聴可能と研究者は見ています。

遠くから「電球を観察」するだけで盗聴が可能に:イスラエルの研究チームが実験に成功

コメントは受け付けていません。