降水量と太陽活動には高い相関がある

ドイツのザールランド大学の研究で、ドイツ国内の降水量と太陽活動には高い相関があると判明。
この理論は本来、ドイツの農学科学者が偶然発見したそうです。
ドイツの降水量と太陽活動には高い相関がある
青が降水量、赤が黒点数。

この相関に気付いたのは、ドイツの降水量の変動が11年周期と気付いたのがきっかけ。
それから他の欧州諸国でも相関しているか、115年分のデータを調べたそうです。
しかし、他の地域では相関は低かったようです。
欧州の降水量と太陽活動との相関度合い
赤い地域は相関が高く、色が薄くなるほどに相関が低い地域。

なぜこのような相関が現れるのかはわかってないそうです。
地球全域で調べたら何か見えてきそうですね。

New Findings From German Scientists Show Changes in Precipitation Over Europe Linked To Solar Activity

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください