蜂は足し算や引き算ができる

蜂は足し算や引き算ができると判明。

研究ではY字型の通路に1~5個の光点が表示されるドアを用意し、
その手前にも同じような光点が表示されるパネルを用意。

手前の光点と左右の光点を比べて、黄色の光点の場合は1つ少ない光点のドアに向かうと餌がある場所に行けます。
青い光点だと1つ多い光点のドアに餌があります。
蜂は足し算や引き算ができる
正しく加減算できると餌にありつける訳です。
試行を重ねると正解率が上昇したとのこと。

ただ、これは加減算をしてるのではなく、模様のパターンを覚えただけかもしれません。
つまり、黄色で光点2つだったら、光点1つのドアが餌。
青で光点3つだったら、光点4つのドアが餌。
という組み合わせを覚えただけかも。

いずれにせよ、学習能力がある事は間違いないですね。

Numerical cognition in honeybees enables addition and subtraction

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください