知的障害児が生まれる確率は母親の年齢と出産時体重でわかる

知的障害児の生まれる確率と、母親の年齢と出産時体重は正比例していたとのこと。
まず調査のきっけかは中程度の知的障害児が年々増加している事だったようです。
30年前は人口1000人あたり10人以下だったのが、2012年では25人を超えています。
知的障害者数のグラフ

1993年を境に、最近20年間で特に増加しています。
この年以降、出産年齢が上昇し、新生児の出産時体重は減少しているとのこと。
母年齢と出生児体重のグラフ
母親の年齢と出産時体重との数理モデルを作ってみたら、実測値と予測値が0.995という高い適合となったそうです。

こちらは母の年齢と知的障害者数のグラフ。
年齢が上がると知的障害者数が増えています。
母年齢と知的障害者数のグラフ

こちらは新生児体重と障害者数のグラフ。
体重が軽いと知的障害者が増え、重いと減ってます。
新生児体重と障害者数グラフ

知的障害児の増加と出生時体重ならびに母年齢との関連

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください