発話者をドモリにするジャミング装置

聴覚遅延フィードバックという現象を利用して、発話者をドモリ状態にするジャミング装置のデモ動画。
発話者をドモリにするジャミング装置
発話している人は200ミリ秒遅れて自分の声が聞こえると、ドモリになってしまうらしいです。
仕組みは、指向性マイクで発話者の発言を集音し、指向性マイクで発話者に同じ音声を返すだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください