発光繊維で服を作ったら10回洗濯しても光り続けた

MITの研究者が発光素子を繊維に組み込む事に成功。
更に繊維を編んで布を作り、服を作ったそうです。
発光繊維で服を作ったら10回洗濯しても光り続けた

Introducing the latest in textiles: Soft hardware

それを実現したのは砂粒程度の大きさのLEDを作り、
髪の毛1本程度の細い銅線を作るという方法。
銅線は筒状の繊維を通っているそうです。

実験では10回洗濯しても光ったそうです。

この繊維は早くて来年には市場投入される見込みとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください