燃料が要らないので半永久的に飛べる飛行船

英ハイランズ・アンド・アイランズ大学が、空気よりも軽い飛行船を開発。
試験飛行で120メートル飛んだとのこと。
空気よりも軽い飛行船
その推進力は空気を取り込んで気体を重くしたり軽くする方法。

機体にはヘリウムガスが充填されています。
そこに空気をコンプレッサーで取り込んで機体を重くします。
機体を重くすると高度が下がり、空気を排出して機体を軽くすると高度が上がるそうです。
また、その際に揚力が発生する翼を傾けて推進するそうです。

空気を取り込むポンプは太陽電池で動作するので、
太陽電池が故障しない限りは外部からのエネルギーなしでいつまでも飛び続ける事が可能とのこと。

A No-Engine, No-Fuel Aircraft

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください