海底が短時間で凍り付くBrinicle現象

Brinicle現象とは、海氷の下の海底で、海水が短時間で凍ってしまう現象のこと。
「死のつらら」とも呼ばれているそうです。
海底が短時間で凍り付くBrinicle現象

Brinicleは海水が0度くらいの時に、塩分の濃い海水が海底に下がって「つらら」のように下向きに氷る事で発生します。
つららが成長して海底に到達すると、今度は横方向に氷が広がります。
氷に巻き込まれてたくさんのヒトデが凍る様子が写っています。
ヒトデの動きの速さから言って、タイプラプスでしょう。
実際には数分~10分くらいかかっているはずです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください