水に沈まない金属

ニューヨークのロチェスター大学が、水に沈まない金属を開発。
水に沈まない金属
この金属のヒントになったのは、水に浮くヒアリや水蜘蛛とのこと。
この金属はボビン型になっていて、金属の表面はレーザーで超疎水加工が行われています。
超疎水加工により、金属表面に空気を溜め込む事ができるそうです。
2ヶ月間、水に沈めても錘を外すとすぐに水面に浮いてきたとのこと。
研究者は船の船体や、救命胴衣への応用を考えているそうです。
ただし、このレーザー加工は1インチ四方(2.54㎠)で1時間もかかるようです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください