心停止後でも脳は10分動き続ける事がある

心停止を確認後に脳波が10分確認されるケースがあるらしい。

Brain Activity Has Been Recorded as Much as 10 Minutes After Death
心停止後でも脳は10分動き続ける事がある
カナダのウェスタンオンタリオ大学が4人の心停止による死亡者の脳波を観測。
3人は医師による心停止で脳波も止まりました。
ところが1人は心停止後も10分間脳波が検出されたとのこと。

引用画像の右端の人(Patient 4)は時間0(心停止)から10分後まで脳波が出ています(赤丸囲い)。
左端(Patient 1)と中央右(Patient 3)は心停止直前くらいで脳波も止まってます。
中央左(Patient 2)の人は心停止の10分くらい前には脳波も止まってます。

この事から心臓死と脳死は異なるタイミングで起きる事がわかります。

Patient 4で見られる脳波とはデルタ波の事で、デルタ波とは深い眠りについている時に現われる脳波。
もちろん装置の故障の可能性は残ります。

しかし実際「臨死体験」を訴える人はいる訳です。
医師による死亡宣告後に息を吹き返す人はいます。
そういう人は脳はまだ死んでなかったんでしょう。
その人の脳は研究のようにデルタ波が出ていたのかもしれません。
なので、心臓死=死と判断する現在の医学の基準が本当に正しいのかは疑問が残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください