市販の糊で造血幹細胞を増殖すると数百倍の効率

東大とスタンフォード大の研究で、市販の糊を使って造血幹細胞の増殖に成功。
正確には、市販糊の成分ポリビニルアルコールで増殖してます。
従来、0.5リットルで数万円もする培地(ウシ血清アルブミン)が必要だったそうです。
しかしウシ血清アルブミンだと細胞が十分に未分化のまま増殖しなかったようです。
市販糊由来のポリビニルアルコールだと、数百倍もの効率で未分化のまま増殖できたとのこと。

ちなみに、市販糊に含まれるポリビニルアルコールの割合は0.1%程度。
市販糊をそのまま使っているのではないようです。

骨髄から採取せずとも、通常の血中に含まれる造血幹細胞から十分の量の増殖が可能になるので、
白血病の骨髄移植など再生医療への応用が期待できるとのこと。

市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆

骨髄移植に使う細胞、大量培養する新手法 東大が開発

Long-term ex vivo haematopoietic-stem-cell expansion allows nonconditioned transplantation

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください