宇宙はあと1400億年は安泰

すばる望遠鏡で1000万の銀河を調査。
その結果、1400億年は宇宙は安泰と判明したそうです。

Cosmology from cosmic shear power spectra with Subaru Hyper Suprime-Cam first-year data
東京大学と国立天文台などのチームは、すばる望遠鏡で重力レンズ効果を測定。
これは宇宙空間の膨張をもたらしているダークエネルギーを測定するのが狙いでした。
計測の結果、ダークエネルギーの増加の度合いは少なくなっており、
1400億年程度はビッグリップは起きないと予測できるそうです。
ビッグリップとは宇宙が膨張して全ての物質がバラバラになる宇宙の終焉の事。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください