大気汚染は知能を低下させる

中国の大気汚染を調査していたイェール大学の研究で、
大気汚染は知能の低下を引き起こすと判明。
その度合いは1年分の教育を忘れてしまうレベルとのこと。

Air pollution causes ‘huge’ reduction in intelligence, study reveals

研究は2010年と2014年に2万人の中国人に言語と数学のテストを実施。
更に大気汚染のデータと合わせると、大気汚染が酷い地域ほどテストの結果が悪かったそうです。
特に言語の方が数学よりも影響が強く、男性の方が女性よりも影響が強かったとのこと。
これは男性と女性で言語を使うときの脳の使い方が違うのが原因と研究者は推測しています。

大気汚染は酸化ストレスや神経の炎症の原因で、それが知能の低下をもたらす可能性が高いそうです。

今も中国の大気汚染はWHOが勧告する水準の3倍も高い濃度とのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください